児童発達支援・児童デイ

前回のお友達に噛まれた記事についての補足

先日の、お友達に噛まれたという記事に対し、いろいろなご意見を頂きました。

記事を書いたのは、噛まれた当日。

今読み返してみると、自分の感情も高ぶっていたなぁとは思います(笑)

 

いろんな方にご意見を頂くなかで、いろいろと考えるきっかけにもなりました。

貴重なご意見ありがとうございました。

 

前回の記事

 

更新しないと、あのまま停滞した考えのまま取られてしまうので、続編を書いていきます。

 

 

 

今の息子の状態

 

傷は1日経つとそこまで目立たなくなりました。

痛みを訴えることもなかったので、傷の方は問題ないです。

 

感情の方も翌日には落ち着き、翌日の夕方くらいにはフラッシュバックもなくなりました。

とはいえ、噛まれたことに対して思う部分があるのか、小さな子が怖いと逃げ回るようになりました。

昨日、発達支援所に工作先生として行ってきたのですが、そこでも小さな子を息子は怖がり、なかなか私から離れることは出来ませんでした。

 

けれど、今回のことで息子にプラスの変化も表れました。

小さな子におもちゃを貸すことが出来たんですね。

そこで「小さな子にどうぞできる息子君は格好いいお兄ちゃんだと思う!母ちゃんは、息子君の優しい気持ちが嬉しいよ♪」と伝えました。(出来たことに対しては惜しみなく褒めます・笑)

これくらいできて当たり前ではなく、出来たからヤッター!という考えのもとやってます。

 

痛い思いもしましたが、プラスな行動につながったことがとても嬉しかったです。

 

 

私の気持ちも落ち着いてる

 

なんか、変な伝わり方をしているのか、ズレたコメントも出てきたので言わせてください。

あのね、当日はショックを受けましたが、さすがにもう落ち着いてますからね。

どこをどう捉えて「目くじらを立ててる」「怒っている」と解釈されたのかわかりませんが、別に目くじらを立てているわけではないですし、怒っているわけではありません。

 

噛まれた時&傷を見た時は、正直怒りの感情もありました。

なんで噛んだん?!みたいな。

自分の子どもが目の前で怪我をさせられるところを見ると、「なんで!」や「痛そう。。。」って思っても別におかしくない感情とは思うんですけどね。。。

 

しかも、初めてのことで耐性もない状態だったから、余計にそういう気持ちが働いてしまいました。

さすがに、2回目となると今回までも気持ちが荒れることはないと思います。(同じ子から何回も繰り返されるのは別として)

 

親も子も経験なんでしょうね。

噛まれるくらいでという方は、初めて噛まれた時もすぐに「仕方ない」と思えたのかな?って普通に疑問。

 

1度経験すると耐性が付くのは親も子も一緒。

親も子も積み重ねで成長していくもんでしょ。

今回の件だけで「親の育て方がー」や「こんな親」呼ばわりってどんだけよ。

 

育て方云々行ってくる方は、きっと立派な親なのでしょうね←

スゴイスゴイー(棒)

 

 

ネガティブな感情対してやりたい事

 

今回の件について、「小さい子がやったことだから仕方ない」という意見をたくさんいただきました。

実際そうだと思うんです。

 

善悪の判断もつかない子がやったことだから、仕方ないっていうのはわかっているんですよ。

(怪我をしたときはなんでって気持ちが強かったけど、仕方ないっていのは理解してんだよ!)

 

でも、噛まれて痛がっている息子に対しての第一声に「小さい子がやったことだから許してあげよう」は違うと思ったんです。

転んで怪我をして痛がって泣いている子に対して「大丈夫!大丈夫!痛くない!」っていうのと同じですね。

痛みをすっ飛ばして、「許してあげよう」や「大丈夫!痛くない!」っていうのは違うよなと。

 

言い方悪いですが、親のパフォーマンス的にはその方がいいですよ。

周りからいい親って思われたいってやつですね。

 

けど、私はまず子どもの気持ちも受け入れたいです。

「痛かったね。」「悲しかったね。」って。

そのうえで、「小さい子で気持ちが伝えられなくて噛んじゃったんだ。」で許してあげように繋げたいんです。

「怪我をして痛かったね。」からの「大丈夫だよ。治っていくよ。」に繋げたいんですよ。

 

親からしたら、「怪我しちゃったけどこれくらいならすぐ治るよね。」って感覚であっても、子どもが今痛がっているとしたら、まず子どもの「痛い」という気持ちを受け入れたいです。

そこからの、「大丈夫だよ。」という考えです。

大人でもそうですが、「こういうことだから受け入れてね♪」といきなり言われても受け入れにくいですよね。

 

例えば、会社の体制に不満があるとします。

その時に、「社会ってこういうもんだから仕方ないよ。」と言われてすんなり受け入れられるか?ってことですね。

ネガティブな感情を打ち明けた時に「〇〇ってそんなもん。」「〇〇さんはこんな人だからしゃーない。」「どこにだって腹立つやつはいるから切り替えろよ。」って問答無用で言われたら腹立ちません?

ここでワンクッション「そうよな。腹立つわな。」と一言寄り添う言葉があるだけで違いますよね。

 

1年前は転んだだけで「もう動けなくなってしまった。。。」とショックを受けていた息子ですが、今は怪我の度合いにもよりますが「転んでも泣けへんかったで!」って事も多くなりました。

「転んだけど大丈夫だった」「お兄ちゃんみたいに泣かなかった!」って気持ちからの言葉なんですよね。

 

噛まれたって経験が今までなかったからすんなり気持ちも切り替わらなかったけど、これも徐々に消化してけるもんだと思ってます。

過保護ともとられることが多いですが、私はまず息子の気持ちを受け入れたうえで考えていくをこれかもやっていきたいです。

今回のことだって、何もやってないわけはなく、「怪我したら痛いのは嫌だね。みんな怪我したらみんな嫌な気持ちになるよね。」ってことも伝えていますよー。

 

 

今回の件で違う方面で感じたこと

 

前回の記事でのコメントで否定的な意見もいくつかいただきました。

私は否定的な意見であっても、真剣なものに対してはウェルカムという方針です。

前回の記事に限らずですが、たまに匿名で否定的なコメントが届きます。

 

匿名であってもまともな人はいますが、残念ながら匿名だからと言いたい放題の人もいます。

安全件からしか意見を言えないって人ですね。

まぁ、IPアドレスも出るので、また来たなーとかわかりますけど←

 

今まではこういう人達に対しても、生産性のないゴミコメント以外は承認してきました。

私はこういう考えでやってますからねーって意味でコメントも返していました。

けど、ちょっとバカバカしくなってきましてね、今後はスルーしていこうと思います。

どうせ吐き出すだけ吐き出して満足しているような人たちなので、まじめに相手してても時間ももったいないんで。

 

メッセージ送ってきても一緒ですよー。

返しませんからねー。

しつこかったらブロックしますのでご了承くださいませ。

 

いろいろ書いてますが、基本コメントはお気軽にして頂けると嬉しいです♪

今まで通り否定的なものでも、真剣なものでしたら大歓迎です。

コメントって直に読者様からの意見を頂ける貴重なものという考えなので、自分も気づくきっかけが多く反対意見でも別に嫌な気持ちにはなってないです。

 

ただ、本文の一部しか読まずに否定だけしたいのならお帰りください。

たぶん、話し合ったところで平行線でしょうから。

挨拶もろくに出来ない人からの上からアドバイスもいりません。

 

これからも、自分なりにブログやってくつもりです。

あたたかい目で見守って頂けると幸いです。

 

 

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:今日の育児日記

 

ピックアップ記事

  1. 自閉症スペクトラム4歳息子のこだわりにどう付き合うか
  2. 今まで思ってた幼児教育の概念が崩壊した【家庭訪問&スクールカウンセリング】
  3. 医療機関で相談、4歳6か月の息子の様子【医大】
  4. はじめましてのご挨拶

関連記事

  1. 児童発達支援・児童デイ

    【年中】児童発達支援所に通う息子に少し変化

    夏休み当初は、週に3日利用する予定だった児童発達支援所。息子が行く…

  2. 児童発達支援・児童デイ

    【年中】1か月ぶりに児童発達支援に行く&ちょっと愚痴も

    今朝、些細な事がきっかけで登園拒否モードになりました。どうしても幼…

  3. 児童発達支援・児童デイ

    【年中】児童発達支援の事業と契約してきた【長期休暇利用】

    もうすぐ夏休み。ということで、児童発達支援の事業所と契約してきました。…

  4. 児童発達支援・児童デイ

    児童発達支援所でお友達に噛まれる。初めての事にショックを受ける。

    昨日、児童発達支援所に利用料の払い込み&ハロウィンの打ち合わせのために…

  5. 児童発達支援・児童デイ

    児童発達支援所で子どもたちと工作してきた!幼児と一緒に簡単工作♪

    先日、息子の児童発達支援所に、工作遊びのゲストとして呼ばれてきました。…

  6. 児童発達支援・児童デイ

    【年中】児童発達支援の初日から躓く。「もう行きたくない」

    昨日、いよいよ始まった児童発達支援の初日でした。行くのを楽しみにし…

コメント

  1. 他人への上手な対処を知りたくて心理学の本をちらほら読んでいた時期があるんだけど、どの本にもいったん受け止めてから返すのは大事だって書いてたのを思い出したよ😊
    噛まれてしまった時の親の反応として確かに痛いよね。を先にちゃんと受け止めてあげたい!先に許してあげようって言われても子供はびっくりすると思うなー。
    ともあれ、息子さんの気持ちもウルちゃんの気持ちも次の日にはだいぶ落ち着いたみたいで良かったね♫
    その後小さい子がトラウマになっちゃうのは理解できるかも……(T_T)
    実は私も我が子にふざけて噛まれた時結構怖かったもん。またありそうな気がして。
    私自身、オチビちゃんは教えてあげないと人が噛まれると痛いと言う想像力がまだない事を知った出来事だったよー(笑)
    お友達におもちゃを貸してあげるって、出来そうで出来ない事だったりするよね。
    息子さん
    素敵なお兄ちゃんだね!私も偉いと思ったよー😊

      • ウル
      • 2018年 10月 26日

      ノンさん>コメントありがとうございます。

      自分の気持ちが治まっていないのに「許してあげよう」って言われてもなかなか受け入れられませんよね。
      だから、私は先に息子を落ち着かすことが大事だと思い今回の行動をしました。
      「これだから~」と叩いてくる方はいらっしゃいますが、もう好きに思っといてくださいっていう気持ちです。

      小さい子に対して警戒心を抱いてしまった息子ですが、これも少しずつまた落ち着いてくるとは思ってます。
      立て続けに同じことが起こると「やっぱり!」ってなっちゃうんですが、大丈夫だって事がわかるといけるかなぁと。
      だから大丈夫だって思ってます♪

      それに、今回のことで息子自身も学び成長した部分もあるので、マイナスばかりでなくプラスな事も多いです。
      前にカウンセラーさんが言ってた、トラブルが起こったらチャンスくらいに思っておいた方がいいっていうのがこれなんでしょうね。
      他人の立場に立って考えるのが苦手という特性があるもんで、なかなか一筋縄にはいかない部分が多いですが、必要な事はサポートしつつ見守っていきたいです。

      たまたまでもなんでも、小さい子におもちゃを貸してくれたことが嬉しかったです。
      貸す→褒められる→また貸してみよう!と繋げられるように頑張りますよー♪

    • yuki
    • 2018年 10月 27日

    おつかれさまです!
    今回の件の会社の例えが凄いわかりやすいですね。
    大人だったら凄い意地悪い上司がいて
    仕事の分担もおかしくてパワハラなんだよー!って
    相談してるのに「あぁ、でも会社ってそんなもん、平気平気!頑張れ~!」
    って言われちゃうようなもんですよね。

    ついつい子供が転んだ時「ハイハイ、たいしたことない大丈夫大丈夫!」
    って言いがちですが、痛いもんは痛いよなーと。
    まずは起きたことに対して「痛かったねー!」って
    共感してあげるのって大事ですよね。
    そこから、血も出てないしすぐ治るよ~とか
    相手は赤ちゃんだったからね、まだ言葉で伝えられなかったんだね~とか
    そこに繋げていきたいってウルさんの気持ち凄い解る。

    何かとこの手の他害の話題になると荒れるんですよ。
    私が交流してるブログの方も、お友達に叩かれて痣が出来てて
    それを保育園の先生は把握してなくて不信感・・・
    そういう話題を書いたら、自分の子供は叩いたことないのか?とか
    色々と反対意見を頂いたようです。

    普段交流のあるブログのお子さんが、叩かれた噛まれた怪我をした・・
    そんな話を聞いたら、まぁ、まずは大丈夫?って気持ちになりますよね。
    ご新規さんで今まで交流もない方が読んだとしても
    あら噛まれたなんて大変ねー・・・って思うのが
    私の中の普通の気持ちとして認識してるんですが
    その手の話題に限って「でも~○○ですよね!!お宅のお子さんだって~」って
    意見を出してくる心理はなんだろう?って思いますね。
    もしかしたらそういう反対意見を出す方のお子さんは
    他害を良くしてしまうお子さんなのかな?とか・・・
    なんとなく想像してしまいました。

      • ウル
      • 2018年 10月 27日

      yukiさん>コメントありがとうございます!

      辛さを訴えたにもかかわらず、「大丈夫だよー。そんなもんだよー。」って言われると、大人でも厳しいですよね;
      わかってほしい人にわかってもらえないって辛いと思うんです。
      だから、一度受け止めて落ち着いてから話し合いでいいんじゃないかなって思ってます。

      痛みを訴えている子を置いといて、相手の前で「気にしないでください!大丈夫ですから。」&子どもに向かって「これくらいで泣かないの!」って、子どもからしたら結構な破壊力だよなと。
      ものわかりのいい親パフォーマンスにはなりますけどね。。。

      そして、yukiさんのおっしゃる通り、この手の話題ってなにかと変なのが湧きやすいです。
      今のブログと旧ブログに、過去2回ほど手を出した側でも書いているのですが、やっぱりいろんな意見が来ました。
      もうこれね、どっちに転んでも叩いてくる人は叩いてくるんだと思います。

      怪我をさせてないにしろ、手を出した=他害最低!と責める意見、こんな子が近くにいたら迷惑だという意見も頂いたこともありました。
      7月にあったたんこぶの件(結局息子かどうかあやふやだった件)についても、はっきりさせないで子どもの気持ちはどうなるんですか?て意見がありました。
      で、今回。。。ほんと、意見を真に受けてたら意味が分からなくなります。どっちやねんと。

      私もyukiさんと同じく、「お宅のお子さんだって~」的な意見がきたら、ピリついてんなと感じます。
      一部だけを大げさに受け取られているんですよね。
      自分を否定された気がして攻撃的になっちゃうんでしょうかね?わからないですけど。

      怪我をする、させるの両方の立場に立って改めて感じたのは、どちらにせよやってしまったことには誠心誠意謝罪する。
      今回のようにやられた側になっても、受け入れて次につなげるをしていくってことですね。
      デリケートな問題でもあるので難しいところですが、どちらの立場にも立つことがあると考えて行動していきたいです。

    • ウル
    • 2018年 10月 28日

    某方様>コメントありがとうございます!

    気持ちに寄り添ってくださったコメント心に沁みました。
    私も暴言に暴言で返しちゃっているので、同じ穴の狢です。。。

    今後は、匿名での罵倒のようなコメントはスルーし、相手にしないようにします。
    あたたかいお言葉とても嬉しかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アイコン作成しています

まるっこいSNSのアイコンお描きします 可愛い系アイコンお探しの方はぜひ!ふわっともちもち系アイコン

カテゴリー

ランキング参加中

応援していただくと励みになります♪

ブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ

ブログランキング

育児ランキング

ほしいもの

アイコン販売中♪

まるっこいSNSのアイコンお描きします 可愛い系アイコンお探しの方はぜひ!ふわっともちもち系アイコン

  1. 幼稚園

    年中からの入園。馴染めない対策&園の対応
  2. 家のこと

    公文の無料体験を終えてどうするか~年少編~
  3. 幼稚園

    【登園拒否】トークン・エコノミーを使って「出席出来た」を目指す
  4. 訓練

    【年中】初めての言語療法に行ってきました。吃音が出てる。
  5. 幼稚園

    【年中】園との話し合いで知った息子の普段の様子
PAGE TOP